ここに注意!冠婚葬祭のお祝いや内祝い

冠婚葬祭のお祝いや内祝いについて

日本には冠婚葬祭時にお祝いをする習慣があります。
お祝いの気持ちをご祝儀やギフトに乗せ相手に贈るのです。
結婚式に招待された人は、ご祝儀を必ず持参します。
結婚式での会費のような感じですが、それ以上の金額をご祝儀に乗せて新郎新婦に渡すのです。
結婚すると何かと物入りになります。
新居を構えたり、家具を揃えたり、生まれてくる子供のためにお金を蓄えるなど、結婚すると非常にお金がかかるのです。
そのため気持ちのこもったご祝儀は新郎新婦の生活を支え、非常に有難いものとなるのです。
このようにご祝儀は気持ちを伝えると同時に、ご祝儀は人を助けたり、人に助けられるという役目も果たしているのです。
こうしたご祝儀やお祝いを貰った場合、貰いっぱなしではいけません。引き出物をを渡したり、後日改めて内祝いを贈ることが必要です。
内祝いは何も豪勢にする必要はありません。頂いたご祝儀の何割程度かの金額の商品を贈ると良いでしょう。
お菓子の詰め合わせや、特産品など贈る先の家族みんなが美味しく食べられるものを贈ると良いでしょう。

また葬儀の時にも、香典を渡す文化が日本にはあります。
日本の葬儀は非常にお金がかかるので、香典は遺族にとって非常に助かるものとなります。
香典を頂いたときにも香典返しをする必要があります。
香典返しも、気を遣わせない程度のものが良いと言えます。
ハンカチなどを香典返しにする人もいますが、できれば残らず消耗してしまうものが良いと言えるのです。
家に香典返しが残ると、故人のことをいつまでも思い出してしまいます。
故人が成仏するためにも、いつまでも涙にくれないためにも香典返しは家に残らない消耗品にしたほうが良いのです。
例えば煎茶などのティーパック、ドリップコーヒーなどであればどの家庭でも消耗するので香典返しに適していると言えるでしょう。
また日本では冠婚葬祭以外にも出産祝い、入学祝、卒業祝い、就職祝いなど様々なお祝いをする文化があるのです。
ライフステージが変わる度にお祝いがやりとりされ、非常に楽しみが多いものです。
こうしたお祝いを貰った時もきちんと内祝いを贈ることがマナーなのです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2018ここに注意!冠婚葬祭のお祝いや内祝い.All rights reserved.